日記 :: スポーツと暴力性

仙台育英の根性焼きいじめ事件が問題になっていますね。

「自傷行為」もしくは「加害者と同意の上の行為」とみなして
隠蔽のために、被害者を退学させたという。
加害者がいることを想定している時点で、どうすればいいのか、分かっていますよねぇ?

スポーツ(運動部)に、こういう暴力沙汰や性的暴行が多いのは、
筋肉を使うことと男性ホルモンとの関係等、何らかのフィジカルな要因があるように思われますが
こちらのほうは調査研究されませんね。

そういう衝動をうまく発散させないと、スポーツ=犯罪発生源になりかねない、と昔から思ってましたが。
「高校野球連盟は、犯罪を助長するので業務停止」などということになりかねないですよ。

今回のケースは、高野連より、仙台育英の対応の問題ですけどね。
甲子園を意識するあまり、法令が見えなくなっているという。
甲子園絡みでは、以前にもこんなことが度々ありましたね、
出場選手が犯罪を犯して出場停止処分や、それを免れるための隠蔽工作や。
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...
2012年08月08日 - 14:08 | コメント(0) | 日記

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。