WEB関連&仕事 :: んー.....

なんのかんのと言いましても、やはり広告代理店というのはありがたいと思うのです。

はじめてデザイナーとして仕事したときも、代理店は指示が細かいけど仕事はやりやすかった。
取引をある程度常識の範囲にまとめてくれたり、素材の不備を無くしてくれたり、
制作以外の手間をすべて省いてくれてます。
確かに中抜きがすごい額になることもあるから、手間をかけても直接契約で、ってこともあるでしょうけど。

中小の相手になると、再三言ってやっと発注書が出る。再三言って支払予定日が出る。
今回も、請求から2ヶ月以上経過してやっと支払予定日が出ました、、、これが普通なのかなぁ、、、

昔、読売広告社に行った時、応対してくれた人は、2つの電話を持って通話しながら私の対応してて、
「うわぁー、こんな大変な業種に就いていなくてよかった」と思ったものですが、
ある程度の常識の範囲で取引されていれば、彼らの仕事は減り、デザイン料や制作料は安くなってるはずなのですよね。

決まった日に支払うのって常識ではないのかなぁ、、、


本決まりの契約なら、月曜に見積り出したら、金曜には担当印、事業部印、総務部印?の押された発注書が来る。
請求書出したら、その日のうちに支払予定日を知らせてくれる。
そもそも、月末締め翌月末払いなど、社内で規定されているので心配する必要が無い。
大手はそうしてくれるので面食らいます(ほぼSBIかSBIグループしか知らないですが)

個人の話ですが、不動産の賃貸もそうですよね、
2年に1度、更新料として不動産屋に1.5〜2ヶ月分支払いますが、
お客さんが毎月漏れなく支払うことが分かっていれば、大家さんとの直接契約が主流になっていたはず。
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...
2011年05月12日 - 12:46 | コメント(0) | WEB関連&仕事

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。